アスベストの使用が規制された歴史

国内でアスベストの使用が規制され始めたのは、1975年のことです。その後、アスベストによる健康被害が重要視されるようになるにつれて、徐々にアスベスト規制が強まっていきました。

アスベスト(石綿)規制の歴史

1975年に「特定化学物質等障害予防規則」が改正され、石綿含有率が重量の5パーセントを超える場合、吹き付け作業は禁止されました。1986年に「ILO石綿条約」が採択されると、アスベストの一種であるクロシドライト(青石綿)の使用および吹き付け作業禁止の指導が始まります。クリソタイル(白石綿)も管理使用の対象となりましたが、国内では依然としてアスベストの使用・製造がされていたようです。さらにアスベスト規制が強まったのは、1995年のことです。「労働安全衛生法施行令」と特定化学物質等障害予防規則が改正され、アモサイト(茶石綿)とクロシドライト(青石綿)の製造・輸入・譲渡・提供・使用が全面禁止されました。石綿含有率が重量の1パーセントを超える場合の吹き付け作業も禁止されています。

アスベスト(石綿)がすべて使用禁止になる

徐々に規制が強まってきたアスベストですが、2004年の労働安全衛生法施行令が改正されると、ついに「代替が困難なものを除くすべての石綿製品」の製造・輸入・譲渡・提供・使用が禁止されました。そのため、2004年以降に建築された建物には、ほぼアスベストが含まれていないと考えて良いでしょう。ただし、重量の1パーセント以下を含有するクリソタイル(白石綿)の使用は認められていました。