「アスベスト」の概要と健康被害のリスク

近年、健康被害が増え続けていることで話題になっている「アスベスト」ですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?英語表記では「asbestos」、日本では「石綿(いしわた、せきめん)」と呼ばれることもあります。深刻な健康障害を引き起こさないためにも、アスベストについて詳しく知っておきたいですね。

アスベストの概要と種類

アスベストは非常に細い繊維であり、その直径は髪の毛の5000分の1程度と言われています。耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に優れているため、“奇跡の鉱物”として重宝されてきました。国内へ輸入されたアスベストの多くは建設資材として使われ、ビルや公共施設、戸建て住居にまで用いられていました。アスベストには、クリソタイル(白石綿)やクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)、アンソフィライト(直閃石綿)などの種類があります。特によく使われていたのはクリソタイルですが、日本では2004年に使用が禁止されました。

アスベストが原因で起こる健康障害

日本でアスベストの使用が規制されるようになった理由は、アスベストによる健康被害が重要視されるようになっていったからです。アスベストは非常に細い繊維であるため、空気中に飛散するとそのまま浮遊し続け、ヒトが吸引する可能性が高いです。吸い込んだアスベストの一部が肺にとどまり、肺がんや悪性中皮腫などの病気を引き起こすリスクが高まります。アスベストは現在でも古い建物などに残っているため、誤って吸引しないよう注意が必要です。