古い建築物はアスベスト検査をしておこう

アスベストは、ひとが吸い込むと健康障害を引き起こす恐れがある繊維です。非常に細い繊維なので、アスベスト含有の建物を解体・撤去するときなどに空気中に飛散する可能性があります。アスベストによる健康被害を防ぐために、アスベスト含有の可能性がある建物は早めに調査・検査しておくことをおすすめします。

アスベスト含有の可能性がある建物

アスベストの危険性が重要視されるようになってから、建築現場におけるアスベストの使用は規制されるようになりました。しかし、アスベスト含有の建材は手に入りやすいうえに、高い耐熱性や防音性が期待できたことから、規制されるまでは非常に幅広く使用されていました。アスベスト含有の製品がほぼ完全に規制され、建築現場に用いられなくなったのは2006年のことです。それまでにも何度かアスベストの使用を規制する動きはありましたが、少量であってもアスベスト含有の建材が使われていたケースはあります。そのため、2006年以前に建てられた建物には、アスベストが含まれている可能性があるということです。屋根材、壁材、天井材等のほか、吹き付けアスベストや塗料として使用されていることもあります。

アスベスト検査で危険性を把握する

アスベスト含有の有無は、アスベスト検査で知ることができます。アスベストの検査を専門に行う機関や、アスベストの知識を持った建設業者、リフォーム・解体業者などに相談すれば詳細を教えてもらえるでしょう。