建物の建てられた「年代」からアスベスト含有を見極める

建物にアスベストが含まれているかどうかを自分で判断したいときは、建物が建てられた年代から、アスベストの有無をおおまかに予想できます。建物に酷い劣化や破損が生じた場合に備えて、あらかじめアスベスト含有の可能性を考えておくのはとても良いことですね。

アスベスト規制の歴史からアスベストの有無を判断する

アスベスト含有の建材は、高い耐火性や断熱性を持つことから、さまざまな建築物に広く使われてきました。しかし、アスベストによる健康被害が重要視されるようになり、アスベスト含有建材の使用は年を追うごとに規制されていきました。建物が建てられた時期と、アスベスト規制の歴史とを照らし合わせていけば、アスベストの有無をある程度判断することは可能でしょう。
初めてアスベストが規制されたのは、1975年です。「特定化学物質等障害予防規則」の改正により、アスベストの含有率が重量の5パーセントを超える場合、吹き付け作業は禁止されました。つまり、1975年以前に建てられた建物には、アスベスト含有建材が使用されている可能性が高いです。また、1986年、1995年、2004年、2006年と数年おきにアスベスト規制が強まっており、2006年以前に建てられた建物には少なからずアスベスト含有の可能性があると言えるでしょう。

アスベスト含有に注意すべき箇所

屋根、外壁、内装材、配管の断熱材、内壁の吹き付け材などは、特にアスベスト含有建材が多く用いられていた箇所です。劣化や破損が生じている場合は、アスベストの有無を早めに確認しておくことが大切です。