アスベストの除去は法律で義務付けられているのか?

古い建物には、未だにアスベスト含有建材が残っていることがあり、将来アスベストが空気中に飛散する可能性も考えられます。アスベストが空気中に飛散し、それを人が吸い込んでしまった場合、肺がんや悪性中皮腫を引き起こすリスクが高まると言われています。

アスベストの除去は法律で義務付けられているのか?

アスベストを含んでいる可能性がある建物を見つけたとき、気になるのは「除去しなければいけないのか?」ということです。建物を解体するには費用が掛かりますし、たとえ法律で義務付けられていたとしても、いますぐにアスベストを除去するのは難しいという人もいるでしょう。そこで、まずは建物の状態を確認することをおすすめします。古い建物でも状態がしっかりしているなら、アスベストが飛散する可能性は低いです。いますぐに解体・撤去をしなくても、周囲に危険が及ぶことはほぼないでしょう。建物に酷い劣化や破損が生じている場合は、適切な方法で対処する必要があります。

「解体」以外の方法でアスベスト対策

建物を解体・撤去してアスベストを完全に除去する方法のほかに、「封じ込め」や「囲い込み」といった措置を講じることができます。アスベスト含有の塗料などが吹き付けられている壁に、その上から覆ってしまうように新しい塗料を吹き付けることで、アスベストの飛散を封じることはできますね。このように、使用されている建材や建物の状態によっては、工事費用を抑えたアスベスト対策が可能です。