アスベストの有無を調べるときに掛かる費用

アスベストが含まれている可能性のある建物は、早めにアスベスト調査を行っておけば安心です。酷い劣化や破損が生じてから慌てて対応しても、アスベストの飛散を防げないかもしれません。アスベストの有無とその詳細を事前に把握しておけば、慌てず対処できますね。

アスベストの有無を調査する

アスベストの有無は、建物の築年数からある程度判断することは可能でしょう。アスベストがほぼ使われなくなったのは2004年のことであり、完全に使用が禁止されたのは2006年です。それ以前もアスベストの使用に制限はありましたが、場合によっては建築資材として用いられたケースもあるでしょう。アスベスト規制の歴史と築年数を比較すれば、建物に使用されているアスベスト含有建材まで割り出せる可能性もあります。また、アスベストを専門に扱う業者や解体業者であれば、目視でアスベスト含有建材を見つけることもできるかもしれません。

アスベスト調査に掛かる費用

アスベストの有無を詳細まできちんと把握しておきたい場合には、成分分析まで行うアスベスト調査を依頼することになるでしょう。アスベストの調査費用は、調査を依頼する業者によって異なるかと思いますが、4~7万円程度になります。例えば成分分析を行う場合。「分散染色分析法」と「X回線分析法」でそれぞれ価格が異なります。ちなみに、事前調査で行う「図面調査」は2万5千円程度、現地調査が3万5千円程度です。