アスベストの有無を調査する方法

アスベストは、大量に吸い込むと人体に悪影響をおよぼす恐れがあると言われている物質です。これまで、アスベストは建築現場をはじめとしてさまざまな場所で使われてきました。現在はアスベストの使用が法律で禁止されていますが、古い建物には未だアスベストが残っている可能性があります。

アスベストの有無を調査する方法

建物にアスベストが含まれているかどうかを知りたいときは、まず築年数を確認してみましょう。アスベストによる人体への健康被害が問題視され、アスベストの使用が規制され始めたのは1970年代後半のことです。その後、徐々にアスベスト規制が強まっていき、ほぼ完全に使用されなくなったのは2006年になってからのことです。アスベストが法律によって規制された年代と、建物が建てられた年代とを比較すれば、アスベストの有無をある程度判断することはできるでしょう。

成分分析でアスベストの詳細を調査する

建物の解体・リフォーム・撤去等を考えている場合は、アスベストに関して詳しい調査が必要になります。特に、アスベストの高い飛散性が疑われる場合には、建材などの成分分析調査を行います。建物のどの部分に、どれぐらいの量のアスベストが含有されているのかを調査し、より安全に解体作業や撤去作業を進めるためです。アスベスト調査の依頼の仕方は、専門業者やリフォーム・解体業者、もしくはアスベスト関連の行政・自治体などに相談することで詳細を教えてもらえます。