アスベストの使用はいつから規制されているの?

アスベストは安価で手に入りやすい素材でありながらも、耐熱性・耐火性・絶縁性・防音性などに優れており、建築現場などでは非常に重宝されてきました。しかし、アスベストによる健康被害が問題視されるようになり、アスベストの使用は徐々に規制されていきます。では、アスベストはいつから使用が規制されるようになったのでしょうか。

アスベスト(石綿)はいつから規制されたのか?

初めにアスベストの使用が規制されたのは、1975年に「特定化学物質等障害予防規則」が改正されたときです。石綿含有率が重量の5パーセントを超える場合、吹き付け作業は禁止されました。5パーセント未満であれば吹き付け作業は許容されており、アスベストの種類に対する具体的な規制はされていません。約10年後の1986年、「ILO石綿条約」が採択されます。アスベストの種類であるクリソタイル(白石綿)やクロシドライト(青石綿)の使用が制限され、吹き付け作業の禁止を指導する動きがありました。1995年には、特定化学物質等障害予防規則に加え「労働安全衛生法施行令」も改正されました。アモサイト(茶石綿)とクロシドライト(青石綿)の使用が全面禁止となり、石綿含有率が1パーセントを超える場合の吹き付け作業が禁止されました。

アスベスト(石綿)の使用がすべて禁止

2004年の労働安全衛生法施行令改正で、代替が困難なものを除くすべての石綿製品の製造・輸入・譲渡・提供・使用が禁止されました。種類によっては使用が許容されていたアスベストも、2004年からはほぼ完全に使われなくなっています。