アスベスト飛散の危険度が高い場所を見分ける

アスベストを誤って吸い込むと、健康に悪影響をおよぼす恐れがあると言われています。アスベストの飛散・吸引を防ぐためにも、危険性が高い場所を見分けられたら便利ですよね。アスベストの飛散のしやすさを表すレベルと、アスベスト含有建材が多く使用されている場所とを比較しながら、その危険度を見分けていきましょう。

アスベストの発じん性による作業レベル

建物や一部の建材が劣化・破損した場合や解体を行う場合、そこに含まれるアスベストの発じん性によって作業レベルが設けられています。レベル1~3の三段階で分類されており、レベル1に近づくほど発じん性が高くなります。発じん性が特に高いレベル1に分類されるのは「吹き付け剤」です。鉄骨耐火被覆材、天井断熱材、機械室などに使用されていることが多いです。レベル2に分類されるのは「保温材・耐火被覆材・断熱材」です。ビルや公共施設のみでなく、マンションや戸建て住居に使用されている可能性もあります。レベル3に分類されるのは「その他のアスベスト含有建材(成形板等)」です。

アスベストの危険度が高い場所

作業レベルが高い場所にはアスベストが飛散する可能性が高く、健康被害への危険度も高いと判断できます。吹き付け剤が使用されている鉄骨、天井、その他の建材が露出している場所では、アスベストを吸引するリスクも高まるでしょう。建物の劣化や破損が酷い場合は、アスベスト飛散の可能性も考えながら行動したいですね。