アスベストが人体にもたらす症状とは?

アスベストは、健康障害を引き起こす危険性がある物質として知られています。非常に細くて軽い繊維なので、空気中に飛散しやすく、誤って吸引すると肺を中心にさまざまな症状を引き起こすリスクが高まります。アスベストで起こる健康障害にはどのようなものがあるのか、知っていきましょう。

肺がん

アスベストによって引き起こされる健康障害として代表的なものが、「肺がん」です。アスベスト(石綿)を吸い始めてから20~40年後にできる肺の悪性腫瘍です。多くの場合、目立つ初期症状は特になく、進行するにつれて咳や痰に血が混じることがあります。人によっては、息切れなどの症状が現れることもあるでしょう。タバコを吸う人は肺がんになるリスクが高まると言われていますが、タバコを吸わない人でもアスベストの吸引により肺がんのリスクは高まります。喫煙者がアスベストを吸い込んだ場合、相乗的に肺がんのリスクが高まります。

悪性中皮腫

アスベストの吸引が原因で、胸膜や腹膜などに発生する悪性腫瘍です。最も多いのは胸膜にできる中皮腫で、アスベストを吸い込んでから30~50年後に発症します。少量の吸引でも引き起こされる可能性がある健康障害であるため、注意が必要です。多くの場合、目立った初期症状はありません。進行するにつれて息切れ、胸の痛み、咳などの症状が現れます。

アスベスト肺(石綿肺)

アスベスト(石綿)を含んだホコリを大量に吸い込むことで、肺に繊維増殖性の変化が起こる症状です。仕事などで長い間たくさんのアスベストを吸った人などに起こりやすいです。