アスベストが使われている建物に注意

アスベストを含んでいる建材が使用されている建物は、その建築年数からある程度判断することが可能です。空気中に飛散したアスベストを誤って吸い込むと、深刻な健康被害を引き起こす恐れがあるため、過去に建てられた建物のアスベストの有無を確認しておくのは大切なことです。

アスベストを含んでいる建物に注意

アスベストによる健康被害が重要視されるようになってから、アスベストを含んでいる建材の使用は規制され、より安全な建物が建てられるようになりました。しかし、アスベスト含有建材の使用や流通が完全に規制されたのは2006年であったため、それ以前の建物の中にはアスベストを含んでいるものもあります。アスベストが使われている建物は、古くなって劣化したり、酷い破損が生じたりすることで、空気中にアスベストが飛散してしまう恐れが出てきます。状態がしっかりしていれば問題はありませんが、古い建物が劣化している場合は、念のためアスベストの有無を確認したほうが良いでしょう。

建築年数でアスベストの有無を判断する

アスベストの使用を規制する「特定化学物質等障害予防規則」の改正が施行されたのは、1975年です。そのため、1975年以前の建物にはアスベストが使われている可能性が高いです。また、2006年の「労働安全衛生法施行令」の改正により、アスベストの含有量が重量の0.1パーセントを超える製品の製造・輸入・使用が禁止となったため、2006年以前の建物にも多少のアスベストが使われている可能性はあります。