外壁塗装の「リシン吹き付け剤」のアスベスト含有に注意

空気中に飛散するアスベストを吸い込むと、健康障害を引き起こす恐れがあると言われています。アスベストの使用が規制される以前に建てられた建築物の中には、アスベスト含有建材を使っているものもあるようですが、具体的には建築物のどのような部分にアスベスト含有の可能性があるのでしょうか。

アスベスト含有の可能性がある建材

アスベストは、建築物の壁・天井・屋根などに使われている建材に含まれている可能性があります。外壁の塗装に使用されている塗料に含まれていることもあるため、外壁に酷い劣化や破損が見られる場合にも、アスベストの飛散に注意したいですね。過去にアスベストを含んでおり、実際に建築物に用いられたことのある建材のデータは、経済産業省や国土交通省が公表している「アスベスト含有建材データベース」で確認できます。

外壁塗料に含まれるアスベストに注意

外壁の塗装に用いられることがある「リシン」は、不純物としてアスベストを含んでいる可能性があります。関東地方でリシンに関する分析を行った際、実際にアスベストが検出された事例があるようです。外壁塗装の劣化などでリフォームを考える場合には、現在の塗装にアスベストが含まれていないか、含まれていたときはどのような方法でリフォームを行うのか、などをよく考えたいですね。外壁塗装に用いられた塗料にアスベストが含まれていた場合、解体したり、削ったりという作業をしなければアスベストは飛散しません。現在の塗装の上から新たに塗料を塗りなおすなど、適切な工法を考えていけると良いですね。