アスベストの分析をしてみてどのようになってるか調べる

分析法を知って、種類など調べられる

分析法について

石綿障害予防規則や大気汚染予防法はあってもの解体や改修時建材のアスベスト含有など調査義務を付けてます。そして、建材中の石綿含有率の分析法ですが、予防規則に規定する石綿などの使用の有無に関して調査に従って実施されます。そして、アスベスト含有判定を現場で手軽にするキットはアスベスト含有の試料は赤などに発色して、含まない物は青などに発色を示したりして、アスベストの簡易含有判定が可能なのです。そして、建材中の石綿含有率分析法は、石綿障害予防規則の規定の石綿など使用の有無に関して調査に従って実施されます。そして、石綿などその重量の0.1%超え含有するかどうか分析するとされていて、まず位相差顕微鏡法などによる分析をして、石綿の含有確認されたものはエックス線解析分析法の定量分析によって含有率も止める方法が定められています。

中見出し

アスベストは天然繊維性珪酸塩鉱物の総称であり、断熱性や耐アルカリ性など利点あって建築資材として使用されました。アスベストの繊維はきわめて細くて、飛散して人が吸入する恐れも出てきます。そして、アスベスト線維は分解されなくては胃の中に残って、肺がんなどの原因になる恐れあるとされています。今調査対象になってるアスベスト種類ですがクリソタイルやクロシドライトなど6種類で、これらすべては建材中に含有してるか、してるなら何パーセントかといったことを分析することになります。そして、入ってるかもしれないものを使用するとき事前に調査します。