アスベストを正しく処理するための3つの方法

アスベストとは、「石綿」とも呼ばれる天然鉱物です。耐熱性や防音性などに優れているので、昭和30年?昭和の終わりにかけて幅広く使われていました。
しかし、アスベストを吸入すると肺に蓄積されてしまい、肺癌や悪性中皮腫、アスベスト肺などの原因となることが分かったのです。
それゆえ、次々とアスベストを使った製品は製造禁止となり、既に使用されている建物などは届出が必要になりました。
とても身近であったアスベストによる重い健康被害は、社会問題にもなっています。
では、アスベストを処理する方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

除去工法

アスベストは非常に軽く、空気中に舞いやすい性質があります。この飛散を防ぐために、特別な薬剤をアスベストに塗った上で取り除く方法です。
アスベストを解体する際は、この方法を用いることが多くみられます。

封じ込め工法

これは、一時的にアスベストが飛散することを防ぐ方法です。アスベストの層を取り除くのではなく、層の表面に薬剤を塗って膜を作り封じ込めてしまいます。また、薬剤を塗って、アスベストの層に浸透させて飛散を防ぐこともできます。

囲い込み工法

この方法もアスベストの層を取り除くのではなく、層が露出するのを防ぐ方法です。層を板状に作られた非石綿建材などで覆って、アスベストの層が損傷したり、むき出しになるのを防止するのです。

人体への害が認められているアスベストの処理は厳しく規制をされています。それゆえ、処理を行う業者にはもちろん、その発注者にも正しい知識が求められます。