アスベストで写真でサンプリングなどする参考にしてみる

建材サンプリングなどをするのはとても大事

専門的資格がある人に依頼

アスベスト含む建材使用されてるか調査したいと思ったら設備業者や工務店などに問い合わせますが、専門的講習を受けて資格与えられたアスベスト調査の専門家に依頼します。調査は依頼した専門家がやり、まず図面に基づく調査をして事前に建築凝視問い合わせ図面など手に入れます。その後現地調査をして、建材サンプリングをしてアスベストの含有率を分析します。また、調査結果出れば調査者は調査票を作り、依頼者に渡しますが、その時調査結果や今後すべき管理などの説明がされて、調査票は回収、解体するとき必要になり保管しましょう。また、建築基準法で吹き付けアスベスト、アスベスト含有吹き付けロックウールについて増改築、大規模な修繕をするときに除去など対策をするのが義務付けられてます。

飛散リスク

成形板にアスベスト含まれてるとき改修などをしない限りかならずしも対策を講じる必要がないです。屋根など使用されてる成形板の中出アスベスト含むものもありますが、通常の生活で健康へ害がないとされていて、除去などする法的義務ありません。そして、成形板に穴を開けたり傷つけるなど作業をする時それが軽微な作業でもアスベスト飛散のリスクがあります。またアスベストを含むかどうか理解して、もし含むものあれば法的義務の有無にかかわらず自分、第三者に被害もたらさないように適切な処置を取りましょう。そして、アスベストの吹き付け材へ対処ですが、除去、囲い込みなどがあります。