健康被害が出る確率が高まるのになぜ?アスベストを含む建材を使用して住宅を建築する理由は?

肺がんなどのリスクを高めると言われているアスベスト。それでも住宅の建材に含まれている事が多いので実際に住む側としてはすごく不安になってしまうでしょう。なるべくアスベストが含まれていない住宅に住みたいものですが、なかなか上手くいかないものです。そこでなぜアスベストが含まれている建材を使用するのか理由を挙げていきましょう。

熱や音を遮断してくれる

日本は夏の時期はすごく気温が高くなります。その影響で熱が伝わりやすくなるので部屋の中もサウナのような暑さになってしまう事も少なくありません。また車や電車など雑音が聞こえてくる事もあるので住宅を建築する時は気をつかわなければいけません。アスベストは熱や音を遮断してくれるので建築する時に含まれている建材を使用する事も多いです。生活をしやすい環境を整えるために仕方がない部分もあるので使用するかどうかの判断は難しいところもあります。

外壁の劣化対策にもなる

築年数が経過してくると外壁が劣化してきてチョーキングやひび割れの症状が出てしまいます。その影響で雨漏りなどが起こり日常生活を送るのに支障が出てしまうケースも少なくありません。アスベストは細菌や湿気に強い部分があるので含まれている建材を使用すると外壁の耐久性が高められるのです。外壁の劣化対策にもなるので使用する事もあります。外壁の劣化対策も住宅を建築するうえで重要なポイントになってくるので使用するかどうかの判断は難しいところもあります。