該当していたら近づかないようにしよう!アスベストが原因でしている可能性がある解体工事の特徴は?

日常生活の中で解体工事をしているのを見かける事もあるのではないでしょうか。築年数が経過していて新しく家を建て直すためという人もいますが、アスベストが原因で工事をしている場合もあります。アスベスト工事をしている場合だと周辺に飛散する事もあるので健康面で影響してしまう可能性も考えられます。そのため近づかないようにする事が大切になってきますが、実際に近づかないようにするためにアスベストが原因の可能性が高い解体工事の特徴を挙げていきましょう。

工事内容が曖昧になっている

解体工事を行う時は近隣住民にも影響してくるので基本的には工事内容を伝える事が多いです。しかしアスベスト工事だと近隣住民から反対される事も多いので伝えてこないケースも残念ながらあります。そのような感じで解体工事が始まっていてしかも工事内容が曖昧になっている場合はアスベスト工事をしている可能性が高いので近づかないようにしましょう。

鉄筋コンクリート住宅を解体している

アスベストが含まれている建材を使用していたのは規制前なので築年数が経過している住宅の解体工事は注意した方がいいと感じるでしょう。しかし住宅の種類も多いので本当にアスベスト工事なのかどうかを判断するのは難しいです。そこで特に可能性が高いのは鉄筋コンクリート住宅を解体している工事になります。木造住宅より鉄筋コンクリート住宅を建築する時の方がアスベストを含んでいる建材を使用している事が多かったのでもし解体工事が行われていたら近づかないようにしましょう。