アスベストの建物は建築された年代で把握できるの?

アスベストは、使用禁止になるまで建物に使用されていた為、建築された年代によってアスベストの使用率は違います。
そこで、どの年代がアスベストを使用している建物が多いのか調査しました。

アスベストを使用した建物の年代

アスベストの規制には段階があるので、建築された建物の年代によって使用されている率は変わります。

最初の規制は1975年で、アスベストの含有量が5%を超える施工が禁止され、それ以降は基準に沿った建物が建築されています。

しかし、1975年以前は基準外になるので、古い年代の建物ほどアスベストを含む可能性は高く、規制以降でも5%未満の建物は存在します。

・更に規制が入る年代
1995年になると、アスベスト含有量が重量の1%を超える吹き付け作業が禁止された為、1995年以降はアスベストを含む建物が大幅に減少しています。

現代の建物は?

アスベストを含む建物が多い年代は1975年以前ですが、段階的に規制や禁止がありアスベストの使用は減少しています。

2006年に、アスベストの含有量が重量の0.1%を超えるものは製造・使用及び輸入が禁止された為、新しい建物ほどアスベストを含む可能性は低くなります。

その為、年代で見ると古い建物ほどアスベストを含む可能性が高く、1975年から2006年までの建物は規制内でアスベストを含む可能性があります。

アスベストを使っている建物か、一般の人が判断をするのは難しいので、建築された年代的に不安がある場合は専門業者に依頼する対策がおすすめです。