アスベストの救済制度はどんな内容なのか調査しました!

アスベストによる健康被害があった場合、被害者を救済する制度があります。
そこで、アスベストの救済制度について調査しました。

アスベストの救済制度とは?

アスベストの健康被害があった場合でも、労災保険の対象にならないと労災保険の給付を受けられません。

そういった人の救済を目的に、石綿健康被害救済制度というものがあります。

・石綿健康被害救済制度の給付内容
アスベスト健康被害に指定された、疾病の療養中医療費や遺族給付などの救済給付と、時効により労災給付を受けられなかった遺族に給付する特別遺族給付金があります。

また、アスベストの救済対象者は日本国内で指定された疾病を発症した場合に限ります。

アスベスト救済給付の内容

アスベスト救済制度の給付内容は、医療費や療養手当て、葬祭料、救済給付調達金、特別遺族弔慰金、特別葬祭料などがあります。

・救済に指定されたアスベストによる疾病
救済制度に指定されたアスベストによる疾病は、中皮腫や肺がん、著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺・びまん性胸膜肥厚などです。

・救済制度の利用方法は?
アスベスト救済制度の利用は申請窓口にて申請しますが、独立行政法人環境再生保全機構から認定を受ける必要があります。

また、特別遺族給付金については都道府県の労働局や、労働基準監督署に問い合わせをします。

救済制度の対象者は、指定疾病にかかった本人に限らず遺族も対象になり、労災の対象になった場合はアスベストの救済制度に関して対象外です。