外壁塗装より張替えの方がいい!アスベストを含む外壁のメンテナンスのおすすめの方法は?

外壁が劣化してくるとメンテナンスをする必要が出てきますが、アスベストが含まれている場合はどのような方法で行えばいいのか迷ってしまう事も少なくありません。そこでどのような方法でメンテナンスするのがおすすめなのか見ていきましょう。

一般的なのは外壁塗装

外壁が劣化してきたらまず塗装業者に外壁塗装を依頼する人が多いでしょう。アスベストが含まれている外壁でも塗装すれば防水性や断熱性などを高められるのでメンテナンスをする事は出来ます。しかし含まれているアスベストはそのまま残る事になるので健康被害が出るのではないかと不安になってしまう人もいます。その影響で外壁塗装以外の方法でメンテナンスをしたいと考える人もいます。

外壁の張替えによるメンテナンスも可能

外壁の劣化が酷い場合は外壁塗装だけでは対応する事が出来ない場合があります。そのような時は外壁の張替えによりメンテナンスを行う事になります。外壁塗装に比べて費用が高くなるので経済的に厳しいと感じてしまう人もいるでしょう。しかしアスベストが含まれている外壁をメンテナンスする場合は外壁塗装より外壁の張替えの方がメリットになります。外壁を張り替えればアスベストが含まれている建材をすべて除去する事が出来てしまいます。外壁が綺麗になるだけでなくアスベストを完全に取り除く事が出来るので健康被害の心配をする必要もなくなるのです。アスベストによる健康被害が心配な人は外壁の張替えによるメンテナンスを行う方がいいです。