アスベストのマンションは注意しておいたほうがいい

古いアパートはアスベストが使われてたりする

築年数で判断する

健康被害があるとされるアスベストですが、使われるかどうか建築年数である程度判断できます。そして、最近建てられた建物に関しアスベスト使用した建築はとても減ってますが、これは消して過去のものではないです。アスベストの使用規制が始まったのは1988年であり、築30年以上の建築物はアスベスト使用されてるケースが十分あります。そして一戸建て住居の時なら自分で対処する必要があり、マンションはそうは行かないです。不動産情報誌をみても築30年以上の物件さらにあって、そうした物件に暮らす方もとても多いです。入居者はいろいろな観点で入居先を決めますが、築年数も大事なポイント。知識ある方は古い以外にアスベスト除去されてるかどうか気にします。アスベスト除去されてない、またはアスベスト用がいられてるか不明などの物件は当然避けられます。

目視発見できることも

30年以上前建てられたマンションは売却前アスベスト使用されてる建物かどうかその道のプロに調査依頼しましょう。設計図書は建築自使用された建築材記載されていて、設計図書を見るとアスベスト有無をチェックできます。ですが、アスベスト含まれる商品か自分でチェックしなくてはならなくて、正しい判断が必要です。アスベストは目視発見できたりしますが、専門家のほうが正しい判断できて安心です。そして内外の装飾など建材以外にあらゆる場面でアスベストが用いられます。飛散するケースがあるアスベストはと完全に飛散できないような処置することが求められます。