アスベストがはいるバーミキュライトの特徴を知っておく

アスベストが含有するバーミキュライトの特徴

多孔質の特徴

バーミキュライト原料はひる石と呼ばれる鉱物であり、これは高温で原石を加熱処理して膨張しますが、その容積が何倍にもなった焼成バーミキュライトが土壌改良資材で利用されます。そして、この園芸、農業用土壌改良資材の効果ですが、保水性や排水性のバランスよくて、多孔質で通気性がよく根に酸素が行き渡りやすかったりします。そしてパーミライトは2種類あって、真珠岩のものは保水性が高いです。そしてバーミキュライトに比べてパーライトは排水性がとても高く軽いです。また、バーミキュライトはミスを吸えばやや粘り気ある重みある保水性の高い土となります。

軽量である

またバーミキュライトは軽量で通気性がよくて、保温断熱効果が高く、保水性が高いなどがあり、農業、園芸用の土壌改良用土で利用されたりすること以外にいろいろな用途で活躍してます。そして砂の代わり骨材としてバーミキュライト使用の軽量コンクリは保水性、断熱性が高くて重宝されました。そして誘拐店は1300度以上と高温で、耐熱性が高く、建築用資材で利用されていて、家庭内だと家庭用湯沸かし設置する壁面断熱材で使用されたりしています。そして、使い捨てカイロは鉄、酸素を反応させ熱を出しますが、そのとき必要な水分保持のため保水性、耐熱性に優れたバーミキュライトが使用されます。これを知らなくても投げ釣りしたことあれば一度見たことあるイソメのえさで利用されるイソメを買ってみれば一緒にくずのようなものがバーミキュライトなのです。