アスベストとは一体どんなものであるのかと言う事

一時期、とても話題になったアスベストですが色々と特徴があります。
なんとなく身体に悪そう、ということがイメージされるでしょうし、それは間違っていないのですが具体的にアスベストとは一体どんなものであるのか、というのをしっかりと理解しておきましょう。

石綿とも呼ばれている

アスベストというのは、石綿とも呼ばれているものです。天然にできた鉱物繊維です。つまりは、鉱物でもあるのです。
石綿は、極めて細い繊維となっていますし、熱とか摩擦などにも非常に強いと言うことがあります。
ですから、丈夫で変形しにくい、というメリットがあったわけです。その為、多くの建材として利用されたということになり、それが健康被害に繋がってしまった、となるわけです。
ビルとか家を解体するときに、アスベストが含まれているところがあるのであればキチンと許可を得て、そして正しく処理をして解体をしないといけない、と義務づけられているくらいです。
本文

どんな健康被害があるのか

別に何か悪いエネルギーを発しているわけではないのですが、空気中の霧散していき吸い込む事によって様々な健康被害を引き起こす事がわかっています。
具体的にどんな病になるのか、といいますと中皮腫、石綿による肺がん、石綿肺及びびまん性胸膜肥などになります。石綿健康被害救済制度と言うのがあるのですが、その中に認定されている病気がこれら、ということになります。